2004年11月20日

吉野家が牛丼首位転落

牛丼チェーン大手4社の2004年9月中間連結決算が19日、出そろった。BSE(牛海綿状脳症)問題に絡む米国産牛肉の輸入停止が響いた吉野家ディー・アンド・シー(8月中間決算)は、売上高が前年同期比17・5%減の585億円と、4社で唯一減少し、業界首位の座をゼンショーに明け渡した。

 ゼンショーってどこよ?って思ったら『すき家』だったのね。
 同じ牛丼業界で、すき屋より吉野家の方がおいしいのになんで負けたんだろう
 って思ったら、牛丼以外のメニューの多さがプラスに働いたらしい。
 

オリックスから楽天に移籍する選手の契約更改交渉が19日、オリックスの球団事務所で行われ、谷中、斉藤ら4選手が交渉に臨んだ。楽天が契約する際の年俸のたたき台を決める交渉で、ここまで6人中5人に大幅ダウンの提示。先発、中継ぎで34試合に登板した小倉は、20%減の6000万円の提示に、「オリックスに12年いたのに寂しい。1年間2軍にいたような下げ方」と話すなど、全選手が猛反発した。
 中村ゼネラルマネジャーは「球界のバブルははじけた。納得するまで何度でも来てもらう」と話し、移籍13選手のほとんどに大幅減の提示がされる見通しだ。金額は推定。


 今日は(株)東京ドームのセミナーに行ってきた。
 社員の方もみんな親切でほんといい会社だった。
 でもバイトと社員の業務の違いを聞いたら、
 『お金の管理、発注、トラブル処理』と教えられて変な感じ。
 うちのバイト先・・・それ全部バイトでやってるわ(涙)

 まぁ、社員いないからしょうがないんだけどね。



posted by サトー----- at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1081881

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。