2004年12月07日

<NTTコム>ネットで香り送ります 商用化へ

NTTコミュニケーションズは6日、インターネットで香りを送る「香り通信」の商用化を目指すと発表した。香りのデータを受信すると、端末のパソコンにつながった香り発生装置が、自動的に複数の香料を調合して香りを発生させる。装置に入れる香料(最大32種類)しだいで、香りの種類は、ほぼ無限に広げられるという。
7日から来年1月31日まで、東京都新宿区西新宿のビックカメラ新宿西口店6階で、公開実験を行う。利用者はパソコンで星占いし、「幸運を引き寄せる香り」を指定すると、NTTコミュニケーションズから、その香りを発生させる調合のデータが送られ、香りが作られる。今後、利用者のニーズを検証した上で、同社のインターネット接続サービス「OCN」で、温泉、花、食物など多彩な香りを配信する事業の可能性を探る。ネットでの物品販売にも活用する方針だという。
同社は「アロマテラピーなどで『香り』が見直されている。香りの効用を生活に取り入れるサービスを実現したい」と話している。(毎日新聞)

 香水の試嗅きにも使えそうな、でも問題ありそうな。
 数年前に研究段階のものをTVで見たけど、ついに商品化が目前か〜。
 装置に入れてる香料からすでに部屋ににおってきそう(笑)
 でもおもしろいかも。



■ 2004年はブルー・クリスマス

LED普及で電飾変化/豆球より明るく省電力/「大人」「洗練さ」で人気
クリスマスの街を飾るイルミネーションに、今年は青と白が大流行している。家庭用のクリスマスツリーも青のイルミネーションが人気という。これまでの電球色やクリスマスカラーの赤、緑に比べて透明感があり、「大人っぽさ」や「洗練された雰囲気」が人気の秘密らしい。(産経新聞)

 去年も新宿なんかはブルーが多かった気がする。
 確かに、青は落ち着いてて綺麗に見えるよね〜
 でもどこ行っても青と白ってなったら何か寂しい・・・



■ 地方公務員給与、民間を14%上回る

財務省は、東京都を除くすべての道府県の地方公務員の平均給与が、その地域の民間企業のサラリーマンより高くなっているとする調査結果をまとめた。
最も格差が大きい山形、沖縄では官の給与が民を3割弱上回り、全都道府県の単純平均でも約14%の格差があったが、監視役の都道府県の人事委員会は官民格差の是正に動いていない。(読売新聞)

 公務員いいな。リストラがないのと適度な年功序列ってだけでも
 うらやましいのに・・・。でもなるには倍率の高い試験があるからね(涙)


■ 聖徳太子ゆかりの地 合併拒否

聖徳太子ゆかりの法隆寺など有名文化財を抱える奈良県斑鳩(いかるが)町の小城利重町長は6日、町議会で、周辺6町との合併協議からの離脱を示唆した。5日に行われた新市「西和市」への移行の是非を問う住民投票で、「反対」が「賛成」を大きく上回ったため。県内では他に、飛鳥時代(6―7世紀)の文化財を抱える明日香村も、村名を残すために村制維持を表明している。
同町は周辺6町との合併協議会を昨年3月に設置。2006年1月に新市「西和市」への移行を目指してきた。しかし、5日の住民投票では、「反対」が1万1122票、「賛成」が3082票だった。小城町長は町会議で「結果を真摯(しんし)に受け止め、住民の意思を反映した選択をしたい」と述べ、合併に加わらない意向を示した。


 今日ゼミで地方公共団体の合併が是か非かのディベートを行った。
 そのあとで調べたものをここに載せたい。

メリット

・住民の利便性の向上ア利用可能な窓口の増加により、住民票の発行などの窓口サービス が、住居や勤務地の近くなど多くの場所で利用可能になります。
・旧市町村界を越えた見直しにより生活の実態に即した小中学校区が設定できます。
・利用が制限されていた他の市町村の公共施設 図書館 スポーツ施設 保健福祉センター 等が利用しやすくなります。
・サービスの高度化・多様化 小規模市町村では設置困難な女性政策や都市計画、国際  化、情報化等の専任の組織・職員を置くことができ、より多様な個性ある行政施策の展 開が可能となります。
・従来、採用が困難又は十分に確保できなかった専門職(社会福祉士、保健婦、理学療法 士、土木技師、建築技師等)の採用・補強を図ることができ、専門的かつ高度なサービ スの提供が可能になります。
・一般的に、合併の際、福祉サービスなどのサービス水準は高い水準に、負担は低い水準 に調整されます。
・行財政基盤の強化による行政サービスの充実や安定が図られます。
・公共的団体等の統合や新設が図られ 多様な事業 広域的な事業等の展開が可能になりま すカ職員の競争が促され、多くの職員から有能な役職員を登用できるとともに、研修の 円滑な実施が可能になり、職員がレベルアップして、行政レベルも向上します。
・重点的な投資による基盤整備の推進重点的な投資が可能となり、地域の中核となるグレ ードの高い施設の整備や大規模な投資を必要とするプロジェクトの実施が可能になりま す。
・広域的観点に立ったまちづくりと施策展開ア広域的視点に立って、道路や公共施設の整 備、土地利用、地域の個性を生かしたゾーニングなど、まちづくりをより効果的に実施 することができます。


デメリット

・合併の必要性やメリットが個別・具体の事例において明らかになりにくい場合がある事
・合併後の市町村内の中心部と周辺部で地域格差が生じたり、歴史や文化への愛着や地域 への連帯感が薄れるといった懸念があること
・住民の意見の施策への反映やきめ細かな サービスの提 供ができにくくなるという懸念 があること
・関係市町村間の行政サービスの水準や住民負担の格差の調整が難しいこと
・及び市町村によっては財政状況に著しい格差があること
・合併に伴い新しい行財政需要が生ずることや一定期間経過後交付税が減少すること


 メリットは結構出てくるんだけど、デメリットはなかなか出てこない・・・
 もっと勉強せねば。

posted by サトー----- at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1216292

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。